現在のページ
  • ホーム
  • 報道提供
  • 「村内全世帯へマスク配布」と「村役場の交代制勤務の実施及び飛沫感染防止」について

「村内全世帯へマスク配布」と「村役場の交代制勤務の実施及び飛沫感染防止」について

更新日:2020年04月17日

全世帯へマスク配布(大阪府内初)

新型コロナウイルス感染症の拡大による深刻なマスク不足を受け、住民の皆さんの不安を少しでも解消し村内での感染拡大を防止するため、新たにマスク6万枚を確保。各地区長を通じて、世帯に一律20枚配布する。村内医療施設(3施設)にも役場より合計500枚配布する。

なお、これまで村では、3月10日から妊婦14人に1人あたり20枚のマスクを配布、また3月24日には、富田林医師会に500枚のマスクを支援した。

※広報配布世帯数(令和2年4月8日現在) 2,041世帯。

 

問い合わせ先:千早赤阪村役場総務課(0721-72-0081)

交代制勤務の実施及び飛沫感染防止

千早赤阪村は新型コロナウイルス感染症拡大防止のための「緊急事態宣言」を受け、全職員約120人(非常勤職員を含む。)を2班に分け、土日祝日も含めた1日おきの交代勤務と他の施設(くすのきホール、保健センター)の会議室を執務室とする分散業務を15日から実施し、人との接触を最大8割削減することを目指している。

土日祝日の開庁は行わないが交代制勤務で溜まった業務の事務処理にあてる。

職員が集団感染し自宅待機となった場合でも、もう一方の班で対応し、業務を継続するための措置。他の班の職員との接触も原則禁止とする。期間は4月15日~5月6日まで。

また、役場窓口などにアクリル板や透明シートで応急飛沫シールドを設置し、飛沫感染を防止する。

 

問い合わせ先:千早赤阪村役場人事財政課(0721-72-0082)