木造住宅の耐震改修設計、改修費用補助

●木造住宅の耐震改修設計、改修費用補助

 

・補助対象建築物

 昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅(現に居住しているまたはこれから居住しようとするもの)で、耐震診断結果が「倒壊する可能性がある」または「倒壊する可能性が高い」と判定されたもの。(上部構造評点1.0未満の住宅)

・補助対象者

 補助を受けようとする建築物の個人所有者。

 ただし、直近の市町村民税所得割額が304,200円未満で、当該建築物の固定資産税を滞納していないこと。

 

【耐震改修設計費用の補助】

・補助内容

 耐震改修技術者が作成した耐震改修計画の作成に要する費用で、改修工事後の上部構造評点を1.0以上に高める耐震改修計画。

・補助金額

 耐震改修計画の作成に要する費用7/10以内の額(ただし、千円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)。1戸につき上限10万円上限となります。

 

【耐震改修費用の補助】

・補助内容

 耐震改修技術者が作成した耐震改修設計に基づいて行う改修工事で、改修後の上部構造評点を1.0以上に高める工事。

・補助金額

 耐震改修に要する費用1戸につき定額40万円(なお、耐震改修に要する費用が40万円未満の場合は、その額。ただし、千円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てた額)

 

 ・千早赤阪村木造住宅耐震改修設計補助金交付要綱(PDF)

 ・千早赤阪村木造住宅耐震改修設計補助金交付要綱施行細則(PDF)

 ・千早赤阪村木造住宅耐震改修設計補助金交付要綱関係様式(PDF)

 ・千早赤阪村木造住宅耐震改修補助金要綱(PDF)

 ・千早赤阪村木造住宅耐震改修補助金交付要綱関係様式(PDF)

 

 

<問い合わせ 人事財政課地域戦略室

 

 

page-top