夏休み親子クッキングがありました

更新日:2019年08月13日

粉豆腐の説明を聞く親子

 

8月8日、保健センターで「夏休み親子クッキング」が開催されました。

 

毎年実施していますが、今年度は7月1日の申し込み開始30分で定員いっぱいになったくらい、人気の事業です。

 

クッキングの前に、村の郷土食である粉豆腐の歴史について、栄養教諭からお話しました。「知ってるで!えらい人が豆腐を外に置き忘れたら凍ったんやろ?」と、詳しく知っている子どももいました。

 

給食でも粉豆腐の料理を多く出しているので、子ども達も保護者の方も、粉豆腐に興味を持ってくれているようです。

 

保護者と野菜を切る小学生

 

説明が終わったら、班に分かれてクッキング開始です!

 

保護者の方が、教えたり見守ったりしながら、子ども達も包丁を使って野菜のみじん切りに挑戦しています。安全に配慮して、包丁は子ども用のものを使用しています。

 

保護者と野菜を切る小学生
保護者と野菜を切る小学生
保護者の方と一緒に野菜を切る小学生

 

「どうやったらいいの~」「こうやったら、いっぺんに細かく切れるよ」

 

「このぐらいの細かさでいい?」「ぎょうざに入れるから、もうちょっと細かくしよう」

 

と、親子やお友達同士で相談しながら、クッキングは進みます。

 

 

粉豆腐入り餃子を作る小学生
粉豆腐入り餃子を作る小学生
粉豆腐入り餃子を作る小学生

 

野菜が切れたら、いよいよ、本日の主菜「粉豆腐入り餃子」を作っていきます。豚ひき肉とたっぷりの野菜に粉豆腐を加えて、よく練ります。そして、餃子の皮で包んでいきます。子ども達は、とても上手に餃子を包んでいましたよ!

 

餃子を焼く小学生と保護者
餃子を焼く小学生と保護者

 

餃子もいい色に焼けてきました~! 早く食べたい子ども達、そわそわしています。

 

粉豆腐ドーナツを揚げるスタッフ

 

給食で人気の粉豆腐ドーナツも作ります。種は子ども達が混ぜて、揚げるのは安全に配慮してスタッフが揚げました。

 

盛り付けをする小学生
盛り付けをする小学生

 

料理が出来上がりました。盛り付けも配膳も頑張っていますよ!

 

試食をする小学生と保護者

 

お待たせしました! それでは「いただきま~す!!」

 

試食をする小学生と保護者

 

「うん、餃子おいしい!」

 

試食をする小学生と保護者

 

「楽しかった~♪」

 

完成した料理写真

 

どの親子も、楽しくクッキングし、美味しく食べていただけたようでした。粉豆腐入り餃子は豚肉を減らしてヘルシーにしていますが、オイスターソースで味つけし、野菜の甘みもありました。

 

少しアレンジして、また給食に登場させたいなあと思っています。

 

この記事に関するお問い合わせ先

学校給食センター
〒585-0043 大阪府南河内郡千早赤阪村大字桐山258番地

電話番号:0721-72-1112(直通)
ファックス:0721-72-1118