観 光 案 内
奉建塔とスイセン

奉建塔

 くすのきホールや道の駅、資料館のある楠公誕生地より南へ3分程歩くと大きな石積塔があります。奉建塔と呼ばれているこの塔は、徳島県の画家の方が発起人となり、昭和15年に楠公600年祭記念として建てられたものです。塔の高さ43尺は湊川で戦死した時の楠木正成の年齢である43才を表わしています。また、刻まれた文字「非理法権天」は「非は道理に勝たず、道理があっても法則には勝てない。法がきめられていても権力には勝てない。その権力も天命には勝てない」という意味があり、正成が旗印として用いたと言われています。

 奉建塔のたもとには約5万本のニホンスイセンが咲く「スイセンの丘」が広がり、1月~2月中旬にかけて一帯に甘い香りが漂います。 なお、桜の名所としても知られています。

 

※お車でお越しの際は、道の駅にご駐車ください。

11a

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page-top