観 光 案 内
千早のトチノキ

13

 トチノキは、山地の谷筋など多少湿気のある寒冷地を好む落葉広葉樹です。

「千早のトチノキ」は、金剛山へと延びる登山道の1つ、伏見林道を約500m登った標高約700mの地点、千早川に流れ込む谷川沿いに立っています。

 このトチノキは樹高約25m、幹周4.3mを測る巨樹で、太い枝を空に大きく突き出しており、その規模から樹齢はおよそ300年と推定されています。このような大きく、目立つ特徴を活かし、「千早のトチノキ」は、登山者はもちろん、山で働く人たちの待ち合わせ場所や目印として利用されたりしています。

 平成13年2月に、大阪府の天然記念物に指定されています。

 

 ※「天然記念物」とは、学術上貴重でわが国の自然を記念するものとして指定された動物、植物、地質・鉱物、それらに富む天然保護区域のことです。国指定のものでは、例えばオオサンショウウオ、屋久島スギ原始林、東尋坊、釧路湿原などがあります。

 

page-top