観 光 案 内
国史楠木城跡(上赤坂城跡)

国史楠木城跡(上赤坂城跡)

 楠木城は、本村の給食センターの南側に位置する中世山城跡で、上赤坂城とも呼ばれており、本村では残存状態が比較的良好な山城です。

 この山城は、西側の主郭(本丸)、東側の第2郭(2の丸)から形成されており、主郭(本丸)の周囲や、第2郭(2の丸)から北西方向に多くの曲輪(くるわ)と呼ばれる平坦地を連ねています。

 また、堀切(ほりきり)と呼ばれる防御施設が施された箇所には、そろばん橋の伝承が残っています。

 この山城は、楠木正成が平野将監(ひらのしょうげん)を配して防衛に当たらせましたが、水を絶たれたため、元弘3年(1333)に落城したとされています。

 

page-top