現在のページ

避難情報の種類と「とるべき行動」

更新日:2019年03月18日

 災害時に、村の防災行政無線等から村民の皆様に「避難準備・高齢者等避難開始」「避難勧告」「避難指示(緊急)」を発令する場合があります。村からの情報などに注意し、適切な避難行動がとれるように、これらの違いをあらかじめ理解しておくことが、「自らの身を守る」ことにつながります。 

避難情報の種類
情報の種類 発令時の状況 とるべき行動
避難準備・高齢者等避難開始 避難勧告や避難指示(緊急)を発令することが予想される場合。
  • いつでも避難できるように準備する。身の危険を感じる人は避難を開始する。
  • 避難に時間を要する人(高齢の方、障がいのある方、乳幼児を連れた方等)は避難を開始する。
避難勧告 災害による被害が予想され、人的被害が発生する可能性が高まった場合。
  • 避難場所へ避難する。
  • 雨の降り方や浸水の状況に応じて、家の中で安全な場所に避難する。

屋内に留まる「屋内安全確保」があるので状況に応じた適切な避難行動をとってください。

避難指示(緊急) 災害が発生するなど状況がさらに悪化し、人的被害の危険性が非常に高まった場合。
  • まだ避難していない場合は、ただちにその場から避難する。
  • 外出することでかえって命に危険が及ぶような状況では、自宅内のより安全な場所に避難する。

平成28年12月に国において、高齢者等の避難開始段階を明らかにするため、「避難準備情報」「避難指示」を「避難準備・高齢者等避難開始」「避難指示(緊急)」に名称変更されましたので、今後は本村においても名称を変更して使用します。  

村では、次の手順を用いて災害情報や避難情報をお伝えします。

  • 防災行政無線
  • 緊急速報メール(エリアメール)
  • 村のホームページ
  • テレビの画面テロップ、ラジオ等
  • Yahoo!防災情報
  • 広報車
  • おおさか防災ネット    
この記事に関するお問い合わせ先

総務課 総務
〒585-8501 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分180番地

電話番号:0721-72-0081(直通)
ファックス:0721-72-1880

メールフォームによるお問い合わせ