老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療費助成制度

老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療費助成制度

平成30年4月1日で廃止となりました。平成30年3月31日時点で助成対象者の方は経過措置として3年間は助成対象者です。大阪府内からの転入者(平成30年3月31日時点で助成対象者)を除き、新規申請はありません。

65歳以上の重度障がい者などの人が、健康保険証を使って診療(保険診療に限る)を受けたとき、医療機関に支払う一部負担金の一部を助成する制度です。

 

助成の対象者

千早赤阪村に居住する健康保険証をお持ちの人で下記のいずれかに該当する人(所得制限があります)

 

・精神・結核・特定疾患などの医療を受けている人

 

医療証の交付手続き

申請により『老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証』を交付します。

【申請に必要なもの】

・印鑑

・健康保険証

・身体障害者手帳または療育手帳または精神・結核・特定疾患などの医療を受けていることを証する証書

・転入の場合は、前住所地発行の所得証明

 

助成の内容と方法

内 容

通院(訪問看護を含む)および入院(食事療養費は含まない)にかかった医療費の一部負担金の一部を助成します。

 

方 法

大阪府内の医療機関にかかるとき、健康保険証とともに『老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証』を提示すれば、自己負担額が1医療機関・1調剤薬局あたり入・通院各500円/1日になります。

※大阪府以外で診療を受けるときは、『老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証』は使えません。

 

次の場合は申請により還付します

・大阪府以外の医療機関で受診したとき

・緊急などの場合で医療証を提示できずに受診したとき

・補装具の代金を支払ったとき(先に、加入している健康保険へ申請し、交付される支給決定通知書を下記のものとともに持参ください。)

・一部自己負担金が1ヶ月あたり 3,000円を越えて支払ったとき

 

  >>老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療費助成申請(請求)書

 

【申請に必要なもの】

・保険診療点数、診療年月日、受診者名の記載がある領収書

・印鑑

・振込先のわかるもの

・老人医療(一部負担金相当額等一部助成)医療証

・健康保険証

 

 

page-top