産業の振興を図る必要がある地域における工場等の立地を目的とする開発行為等の取扱い基準(案)に対する意見を募集します

 本村では平成26年4月に大阪府内で初めて、過疎地域自立促進特別措置法における「過疎地域」として公示されたことを受け、平成26年12月に策定した千早赤阪村過疎地域自立促進計画及び平成28年1月に策定した千早赤阪村まち・ひと・しごと創生総合戦略を策定し、定住人口増加のための取組みをすすめているところです。

 今般、大阪府において市街化調整区域での開発許可を行う際の新提案基準26「産業の振興を図る必要がある地域における工場等の立地を目的とする開発行為等の取扱い」が制定されました。このたび、村内での運用に際しまして、対象区域や予定建築物の用途及び規模要件を策定するにあたりみなさまのご意見をお寄せください。

 

産業の振興を図る必要がある地域における工場等の立地を目的とする開発行為等の取扱い基準(案)(PDF)

産業の振興を図る必要がある地域における工場等の立地を目的とする開発行為等の取扱い基準(案)(ワード)

意見提出用紙(PDF)

意見提出用紙(ワード)

 

計画の名称

産業の振興を図る必要がある地域における工場等の立地を目的とする開発行為等の取扱い基準(案)

 

応募資格

■村内に住所を有する人

■村内に通勤・通学する人

■村内に事務所・事業所を有する個人・法人・その他の団体

■村税の納税義務を有する人

■計画に利害関係を有する人

 

資料の閲覧および募集期間

平成29年10月1日(日)~平成29年10月31日(火)

 

閲覧場所

■千早赤阪村役場(本庁舎1階情報公開コーナー)

■小吹台連絡所

■保健センター

■くすのきホール

■B&G海洋センター

■いきいきサロン(くすのき・やまゆり)

■村ホームページ

 

閲覧時間

 午前9時~午後5時30分(ただし、千早赤阪村役場、小吹台連絡所(午前9時30分~正午)、保健センターは土日・祝日および年末年始の休日、くすのきホール、B&G海洋センター並びにいきいきサロンは休館日および年末年始の休日を除く)

 

応募方法

 所定の意見記入用紙に氏名・年齢・電話番号・意見を記載し、持参や郵送(当日消印有効)、ファックス、Eメールのいずれかの方法で応募してください。

※所定の様式は、各閲覧場所にあります。村のホームページからもダウンロードできます。

※意見に対する個別の回答は行いません。

※提出された意見は、既存集落の機能やコミュニティの維持への対応を目的とする開発行為等の取扱い基準(案)の参考とさせていただきます。意見の概要は、住所や氏名などの個人情報を除き、村のホームページなどで村の考え方とともに公開します。また単に賛否だけを記載したものや趣旨の不明瞭なものなどについては、村の考え方を公表しないことがあります。

 

応募先

千早赤阪村人事財政課地域戦略室

〒585-8501 千早赤阪村大字水分180番地

電話 0721-72-0081/ファックス 0721-72-1880

Eメール このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 

<問い合わせ> 人事財政課地域戦略室

 

 

page-top