介護保険高額介護サービス費受領委任制度

 同じ月に利用した介護サービス利用者負担(1割、2割または3割)の合計が高額になり、下表の各所得段階区分の利用者負担の限度額を超えたときは、村に申請していただくことによって、超えた分を「高額介護サービス費」として払い戻されます。

 大阪府内の介護保険施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設・介護医療院、以下「施設等」という。)などに入所中の人は、払い戻しを受けるまでの間、利用者負担額が高額となることから、受領委任払制度を実施しています。

 事前に施設に了承してもらうことによって、介護保険の施設サービス費(食費・居住費を除く自己負担分)の限度額を超えた分(高額介護サービス費)を施設等に村から直接支払うことができます。

 

利用者負担段階と利用者負担上限額(1ヶ月あたり)

区分 限度額
現役並み所得者に相当する人がいる世帯の人 4万4400円
世帯のどなたかが村民税を課税されている人 4万4400円(※)
世帯の全員が村民税を課税されていない人 2万4600円
前年の合計所得金額と公的年金の収入額の合計が年間80万円以下の人等 1万5000円(個人)
生活保護を受給している人等 1万5000円

※同じ世帯の全ての65歳以上のひと(サービスを利用していない人を含む。)の利用者負担割合が1割の世帯は、年間の上限額が44万6400円(3万7200円×12ヶ月)になります。(ただし、平成29年8月利用分から平成32年7月利用分までの経過措置)

 高額介護サービス費受領委任払制度の利用には、毎年更新が必要となります。(適用年月:8月~翌年7月)

 現在、高額介護サービス費受領委任払制度をご利用の人で、平成30年8月以降も認定を希望される方は申請が必要です。平成30年7月中に必要な書類を添えて、健康福祉課(保健センター1階)までお持ちください。

 

≪ご提出いただく書類≫

1 介護保険高額介護サービス費受領委任承認申請書【PDF】/記入例【PDF

申請書に必要事項をご記入・押印ください。また、「サービス事業者の同意書」は施設の人に記入していただいてください。

2 本人の個人番号が確認できるもの

本人の個人番号カードか、個人番号通知カードをご提示ください。
※本人以外の人が申請される場合は、コピーでも結構です。(個人番号カードの場合は表裏両面のコピーをお願いします。)いずれの場合も窓口で確認後、お返しします。
※郵送による申請の場合は、コピー(個人番号カードの場合は表裏両面のコピーをお願いします。)をお送りください。

3 申請書を持ってこられる人の身分証明書

窓口に申請書を持ってこられる人(本人を含む)の運転免許証、個人番号カード等写真付の身分証明書のご提示をお願いします。(窓口で確認後、お返しします。)
写真のない身分証明書(例 介護保険被保険者証、医療保険の被保険者証、介護保険負担割合証等)の場合は、2つ以上ご提示ください。
※郵送による申請の場合は、コピー(個人番号カードの場合は表裏両面のコピーをお願いします。)をお送りください。

※郵送により申請いただいた場合、個人番号カード(コピー)、個人番号通知カード(コピー)、申請者の身分証明書(コピー)については、厳重に保管した後、介護保険高額介護サービス費受領委任承認通知書を送付する際に、同封して返却いたします。

※以前、申請書に個人番号を記入していただいた人につきましては、記入は不要です。

 

 

page-top