行政改革の推進

  千早赤阪村では、これまで少子高齢化や地方分権の進展など、社会経済情勢が著しく変化する中、平成9年に第1次行財政改革大綱及び第1次財政健全化方策、また平成15年に第2次財政健全化方策、平成17年に元気プラン(行財政改革大綱)を策定し、行財政運営の簡素化・効率化を図るため、行財政改革に取り組んできました。

  一方、より最適な規模で持続可能な住民サービスの提供ができるよう、平成14年に富田林市、太子町、河南町との合併協議、平成20年には河内長野市との合併協議を進めましたが、二度にわたる合併協議も合意に至らず、成就するに至りませんでした。合併破綻後すぐ平成22年には、行政経営戦略プランを策定し、財政運営の緊急事態に早急に対応するため村民の皆さんに引き続き負担をお願いし、行財政改革に取り組みました。おかげで財政運営は大きく改善されました。

  しかし、都市基盤の整備や公共施設の老朽化、社会保障経費の増大など行政課題が山積しており、それらに対応できる財政運営が求められることから、今後も引き続き、たゆまぬ改革と改善の努力により、村政運営の一層の活性化と効率的かつ効果的な施策を積極的に推進していく必要があります。

  そのため、平成24年度で終了する行政経営戦略プランの後継計画として、「千早赤阪村むらづくり経営計画」を策定し、引き続き行政改革を推進します。

 

 ・むらづくり経営計画(PDF)

 

これまでの行財政改革の取組実績など

●行政経営戦略プラン

  ・行政経営戦略プラン(PDF)

  ・行政経営戦略プラン別冊(PDF)

  ・行政経営戦略プラン実施計画(案)(PDF)

  ・財政収支フレーム(案)(PDF)

  ・行政経営戦略プラン(行財政改革)住民説明会(PDF)

 

●過去の取組

 ・第2次財政健全化方策(PDF)

 ・元気プラン(PDF)

 ・元気プラン行財政改革実施計画<集中改革プラン>(平成17年~20年度実績及び21年度見込み報告)(PDF)

 ・元気プラン行財政改革実施計画<集中改革プラン>の公表(PDF)

 

行政経営戦略会議

行政経営戦略会議設置要綱(PDF)

 

 

<問い合わせ>  人事財政課(地域戦略室)

 

 

page-top