平成30年度村府民税申告について

 平成30年度村府民税申告書につきましては、昨年度の申告実績および昨年65歳に到達された人を対象に2月上旬頃の送付を予定しております。申告書がお手元に届きましたら、2月16日から受付が始まります村府民税の申告を行っていただくようお願いします。なお、確定申告をする予定(又は申告済)の人や、村府民税が特別徴収(給与天引き)の人は、申告していただく必要がありません。

 

※昨年度からの変更点

・医療費控除は従来の領収書の提出が不要となり、明細書の添付が必要となりました。

医療費控除申告の際には、

 ①医療費控除の明細書(平成29年中に医療を受けた人、病院、薬局ごとに医療費を合計して記載したもの)

 ②各保険者からの医療費通知(医療費のお知らせ)

 ①または②のどちらかの書類が必要となります。

※明細書記入内容確認のため、確定申告期限等から5年間、税務署等から領収書の提示または提出を求められる場合がありますので、領収書はご自宅等で保管してください

(注)経過措置により、平成32年度の村府民税申告までは医療費の領収書の添付または提示によることもできます。

 

医療費の明細書等の様式はこちらです。

医療費控除の明細書

セルフメディケーション税制の明細書

 

①申告する必要のある人

◎   平成30年1月1日現在、村内に居住し、昨年中(平成29年1月1日~平成29年12月31日)に収入のあった人。
※ご家族の健康保険などの扶養に入っている人でも昨年中に収入があった人は申告が必要です。

◎   無収入の人で、どなたの扶養にも入っていない人や扶養者が村外に居住している人。

◎   給与の源泉徴収票や公的年金の源泉徴収票に記載されている控除以外の控除を受ける場合。

 例:生命保険料控除や地震保険料控除、医療費控除、寡婦(夫)控除などの控除の追加。

給与及び公的年金支払時に天引きされている社会保険料以外の社会保険料の追加など。

 

②申告時に必要なもの

◎申告書  ◎印鑑

◎源泉徴収票、保険の支払証明書等の原本等     (源泉徴収票のない人は収入明細書等)

◎医療費の明細書(平成29年中に医療を受けた人、病院、薬局ごとに医療費を合計して記載したもの)または各保険者からの医療費通知

◎マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード+運転免許証等の写真付身分証明書

 

③申告受付日程

村役場の申告受付は次のとおりです。(土・日・祝日は除きます。)

  月  日 時  間 場  所

申告受付
期  間

2月16日(金)

~3月15日(木)

午前9時~午後5時30分 役場総務課 税務担当

出張申告
受 付 日

2月21日(水) 午前9時30分~正午 千早老人憩いの家
2月22日(木) 午前9時30分~正午 下東阪老人憩いの家
2月23日(金)

午前9時30分

~午後4時30分

コミュニティホール

(千早小吹台小学校内)

休日申告
受 付 日

3月11日(日)※ 午前10時~午後4時 役場総務課 税務担当 

※平日のご都合がつかない方、ご家族・ご近所の方に送迎していただく方のために休日申告受付日を設けています。この機会に是非ご利用ください。

 

④村府民税の計算方法

 

 












×






調
















 

 

 

page-top