現在のページ
  • ホーム
  • トピックス
  • 「もっとがんばる地域応援事業補助金」申請受付を11月4日(水曜日)より行います

「もっとがんばる地域応援事業補助金」申請受付を11月4日(水曜日)より行います

更新日:2020年11月02日

申請受付を11月4日(水曜日)より行います

むらづくりに対する参画意識の高揚、地域活性化を図るため、村民による団体の自主的な活動を応援する「もっとがんばる地域応援事業補助金」の申請受付を新型コロナウイルス感染症対策によるり見合わせていましたが、11月4日(水曜日)から11月13日(金曜日)まで申請受付を行います。

新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策のため、申請時に「取組宣誓書」を提出して頂きます。

千早赤阪村新型コロナウイルス感染予防対策基本方針(令和2年9月24日変更)に沿った事業の実施をお願いします

村民の皆さんのむらづくり活動を応援!!

地域応援事業補助金をリニューアルしました

 村では、村民の皆さんのむらづくりに対する「参画意識の高揚」を図るため、地域の活性化を図り、行政との協働を促進する村民活動団体の自主的な活動に対する支援制度を設けています。

村民の皆さんにとって使いやすい制度、活動がしやすい制度、活動を続けやすい制度を目指し、がんばる地域応援事業補助金を改定しもっとがんばる地域応援事業補助金としました。補助金は用途に合わせ2種類設置しています。

補助金の種類

補助金は、2種類あります。

・千早赤阪村もっとがんばる地域応援事業補助金ジャンボ(補助金ジャンボ)

・千早赤阪村もっとがんばる地域応援事業補助金ミニ(補助金ミニ)

対象団体

  • 5人以上の会員で組織し、その構成員の過半数が村内に在住、在勤又は在学していること
  • 役員が補助金を申請している他の補助対象団体と半数以上重複していないこと
  • 組織の運営に関する規則、規約、会則又はルールなどがあること
  • 予算、決算が適正に行われていること
  • 政治、宗教又は営利を目的とした団体でないこと
  • 補助金ジャンボにあっては団体設立後、5年の歳月を経過している、又は過去に村と共催して事業を行なった実績があること

対象事業

補助対象団体が自主的に企画及び実施する村内での事業かつ村の施策に反しないものであり、次のいずれかに該当すること

  • 公益的、社会貢献的な事業
  • 村民満足度が高まる事業
  • 村やそれぞれの地域が抱える課題の解決を目指す事業
  • 文化の継承、地域の活性化又は都市部や世代間の交流の促進に寄与する事業
  • その他、村長が認める事業

申請(応募)期間

11月4日(水曜日)~11月13日(金曜日)

補助団体数

・補助金ジャンボ

5団体

・補助金ミニ

10団体

補助内容

・補助金ジャンボ

対象経費の1/2(上限30万円)      

・補助金ミニ

補助対象経費の10/10(上限5万円)

申請方法

提出書類

1.申請書、2.事業計画書、3.収支予算書、4.団体に関する調書、5.見積書、6.会則などの写し、7.団体役員名簿、8.その他事業の補足資料(1.~4.の申請様式は、下記からダウンロードまたは役場地域戦略室にて配布しています。)5.見積書は、1件1万円を超える物品及び委託料の場合のみ必要

提出方法

地域戦略室まで直接提出してください。

提案事業の採択

・補助金ジャンボ

 申請書類の内容で審査員が採択します。採択結果は後日にお知らせします。    

・補助金ミニ

申請書類の内容で審査員が採択します。採択結果は後日にお知らせします。

その他

予算の範囲内で行います。

必要書類一覧

交付申請時

  • 見積書 (1件、1万円を超える物品及び委託料の場合のみ)
  • 団体の規約、会則又はルール等の写し
  • 団体役員名簿
  • その他事業を説明する補足資料

変更・中止・廃止申請時

  • 様式2 事業計画書
  • 様式3 収支予算書
  • 見積書
  • その他事業を説明する補足資料

実績報告時

  • 事業に係る契約書又は支払いを証する書類の写し及び明細書の写し
  • 事業実施状況の写真
  • その他村長が必要と認める書類

補助金請求時

 

  • その他、各申請時に関係資料の提出を求める場合がありますので、ご了承ください。
この記事に関するお問い合わせ先

人事財政課地域戦略室
〒585-8501 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分180番地

電話番号:0721-72-0084(直通)
ファックス:0721-72-1880

メールフォームによるお問い合わせ