現在のページ
  • ホーム
  • トピックス
  • 小規模事業者持続化補助金(一般型・コロナ特別対応型)にかかる売上減少証明書の発行について

小規模事業者持続化補助金(一般型・コロナ特別対応型)にかかる売上減少証明書の発行について

更新日:2020年05月23日

 千早赤阪村では、「小規模事業者持続化補助金(一般型)」及び「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」の申請に必要な「売上減少の証明書」の発行を行っています。

本村の証明書の交付を希望される方は、以下の内容をご確認のうえ、申請をいただきますようお願いいたします(村の証明書の交付によって、「小規模事業者持続化補助金」の交付が決定されるものではありませんのでご注意ください)。

小規模事業者持続化補助金の概要

小規模事業者持続化補助金(一般型)及び(コロナ特別対応型)は、小規模事業者等が、地域の商工会議所等の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓等(新たな販促用チラシの作成、ネット販売システムの構築等(コロナ特別対応型においては、感染症の影響を乗り越えるための前向きな対策等))に取り組む費用の3分の2を補助する国の制度です。

詳細については下記をご覧ください。

小規模事業者持続化補助金(外部リンク)

(注)本補助金は、事業全般に広く使える給付制度である「持続化給付金」とは異なった制度です。「持続化給付金」については、経済産業省(持続化給付金)のページをご確認ください。

証明の要件

小規模事業者持続化補助金(一般型)の申請を行う場合

1. 千早赤阪村内に主たる事業所を有すること

2. 令和2年2月から第2回締切日(令和2年6月5日)までの任意の1か月間の売上高が、前年同月の売上高と比較して10%以上減少していること

・毎月の締め日が1日から30日でない場合は、締め日に応じた1か月(1月20日から2月19日、3月5日から4月4日など)の売上高としてください。

・創業1年未満の事業者においては、新型コロナウイルスによる影響を受ける直前3か月(令和元年11月から令和2年1月まで)の売上高平均を、前年同月の売上高に代えてください。

 

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)の概算払い請求を行う場合

1. 千早赤阪村内に主たる事業所を有すること

2. 令和2年2月以降、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた任意の1か月間の売上高が、前年同月の売上高と比較して20%以上減少していること

創業1年未満で前年同月との比較ができない場合は、創業後申請する月の前月までの間の任意の連続する3か月間の売上高の平均と、(A)当該期間の最終月または(B)当該期間以降任意の1か月のいずれかを比較します。(ただし、(A)または(B)については、令和2年2月以降であることとします。)また、その他特別な事情があり前年同月との比較が難しい場合については、セーフティネット保証の運用を準用することも可能です。

申請書類

(1)小規模事業者持続化補助金にかかる売上減少の証明申請書(正副2部)

(2)令和2年2月~5月までの任意の1か月間の売上高が確認できる書類(試算表、売上台帳など)

(3)上記(2)に対応する前年同期の売上高が確認できる書類

(4)新型コロナウイルスの影響を受ける直前の3か月の売上高が確認できる書類(創業1年未満の事業者の場合)

(5)履歴事項全部証明書(法人事業者のみ)

(6)直近の確定申告書の写し(個人事業者のみ)

(7)委任状(第三者が申請する場合)

様式

小規模事業者持続化補助金(一般型)にかかる売上減少の証明申請書(ワード:33.4KB)

小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)にかかる売上減少の証明申請書(ワード:28.9KB)

証明書の申請窓口

観光・産業振興課(役場2階)

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

観光・産業振興課
〒585-8501 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分180番地

電話番号:0721-26-7128(直通)
ファックス:0721-72-1880

メールフォームによるお問い合わせ