現在のページ

金剛山ロープウェイ事業のサウンディング調査を実施します

更新日:2020年09月18日

  千早赤阪村の金剛山ロープウェイは、昭和41年4月に全国唯一の村営ロープウェイとして開業しました。全長1,323m、高低差267mで標高975mの金剛山駅まで6分で到着し、澄んだ空気と四季折々の花々、ブナ林など自然を堪能できる施設として、広く府民に愛されてきました。

  近年の施設の老朽化に伴い、安全性を確認するための耐震診断を実施した結果、駅舎の一部のコンクリート強度が低いことが判明し、利用者の安全確保のため(抜本的な改善が必要と判断し)、平成31年3月15日から運行を停止しています。

  そして、令和2年の春から大流行している新型コロナウイルスの影響も考慮し、事業再開可能性について、今後のロープウェイ事業のあり方や官民連携手法の活用など、様々な視点から検討をしています。

  民間企業の皆様の経験、アイデアやノウハウを活かしたロープウェイの運営の仕方を提案してみませんか?

  サウンディング調査に参加して、意見を聞かせてください。

 

*サウンディング調査とは

  事業発案段階や事業化段階において、事業内容や事業スキーム等に関して、様々なアイデアやノウハウを持つ民間企業との直接対話を実施することで、民間の意見や新たな提案等を把握し、民間活力を活かした幅広い事業展開を可能とすることを目的とした調査です。

 

本サウンディング調査実施の詳細は、実施要領をご確認ください。

実施要領

金剛山ロープウェイ事業サウンディング調査 実施要領(PDFファイル:172.8KB)

質問書

質問書(Wordファイル:14.8KB)

参加申込書

金剛山ロープウェイ事業サウンディング調査 参加申込書(Excelファイル:32.5KB)

サウンディング用資料

サウンディング用資料(PDFファイル:1.6MB)

 

問い合わせ先

千早赤阪村役場 ロープウェイ対策室 担当:北浦

電話番号:0721-72-0081(内線245)

メール:kanko-sangyo@vill.chihayaakasaka.lg.jp