現在のページ

令和3年度子育て世帯への臨時特別給付金について

更新日:2021年12月23日

1 給付金の概要

新型コロナウイルス感染症による影響を受けた子育て世帯を支援する取り組みの一つとして子育て世帯への臨時特別給付金として支給します。
支給に関しましては、先行給付金として児童一人当たり一律5万円の支給を予定していましたが、千早赤阪村は後発の5万円分相当についても、先行給付金の振込予定日(令和3年12月27日(月曜日))の変更なく、現金10万円を一括支給いたします。
申請が必要な方につきましても、1度の申請で10万円の給付を行います。

なお、12月27日(月曜日)に給付する対象者の方には、児童1人当たり5万円を給付する旨の内容で通知を送付しておりますが児童一人当たり10万円を支給する旨の通知を改めて発送しましたのでご確認ください。

また、申請が必要と思われる人にも申請案内を発送しました。
支給対象児童がいるにも関わらず、村から通知が届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡下さい。

2. 支給額

対象児童一人あたり一律10万円

3.支給対象児童

平成15年4月2日から令和4年3月31日までに生まれた児童

4.申請が不要な人

給付対象者のうち、下記に該当する人は申請が不要となります。

  1. 千早赤阪村から令和3年9月分の児童手当の支給を受けた人
  2. 令和3年9月30日時点で千早赤阪村に住民票があり、平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの児童の保護者で、弟や妹が千早赤阪村から児童手当の支給を受けている人
  3. 令和3年9月1日以降に出生した児童について、千早赤阪村からの児童手当の支給対象となっている人

5. 申請が必要な人

給付対象者のうち、下記に該当する方は、申請が必要です。

  1. 職場から児童手当を受給している公務員の人で、令和2年度に村から子育て特別給付金を受給していない人
  2. 平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの児童のみを養育している人
  3. 令和3年12月20日以降に児童手当等の出生の手続きをされる人

申請を受け付けた後、審査を行い、児童手当の所得制限限度額以下に該当する場合、給付金を支給します。

内閣府「児童手当」に関するホームページ

平成15年4月2日から平成18年4月1日生まれの児童を養育しているが、児童が村外に居住しているなど、村で状況を把握できない対象者へは申請書の送付ができません。対象者は、下記担当までお問い合わせください。

  • 令和3年12月20日以降に児童手当等の出生の手続きをされる方については、児童手当等の手続きと一緒に給付金の申請をしていただきます。
  • 令和4年3月に出生した児童の養育者を除き、申請期限は下記のとおり令和4年2月28日です。期限が過ぎてから提出いただいた申請については、支給の対象外となります。

申請書の様式は上記より入手できるほか、保健センターでも用意しています。

<申請書提出期限 令和4年2月28日まで>

 

6.給付金の受給を辞退する場合

申請不要の人で給付金の受給を辞退する人は、12月17日(必着)までに下記書類をご提出ください。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課
〒585-8501 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分180番地

電話番号:0721-26-7269(直通)
ファックス:0721-70-2021

メールフォームによるお問い合わせ