現在のページ

新型コロナウイルス感染症を踏まえた災害時における避難について

更新日:2020年06月11日

新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災害時には、危険な場所にいる人は避難することが原則です。

「自らの命は自らが守る」意識を持ち、適切な避難行動を取りましょう。

 

知っておくべき5つのポイント

 

・避難とは「難」を「避」けること。

安全な場所にいる人まで避難場所に行く必要はありません

・避難先は、指定避難所などだけではありません。

安全な親戚、知人宅に避難することも考えてみましょう。

・マスク、消毒液、体温計が不足しています。

できるだけ自ら携行してください。

・村が指定する避難場所、避難所が変更、増設されている可能性があります。

災害時には、村ホームページなどで確認してください。

・豪雨時の屋外の移動は車も含め危険です。

やむを得ず車中泊する場合は、浸水しないように周囲の状況など十分確認してください。

避難行動判定フロー

今のうちに、避難する必要があるのか確認しましょう。

furo

内閣府(防災担当)・消防庁

この記事に関するお問い合わせ先

危機管理課
〒585-8501 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分180番地

電話番号:0721-26-7238(直通)
ファックス:0721-72-1880

メールフォームによるお問い合わせ