現在のページ

住宅の耐震補助

更新日:2021年04月01日

 近年、日本各地で大きな地震が起こっています。大阪府でも、東南海・南海地震(30年以内で60~70%の発生確率)や上町断層帯、生駒断層帯による地震など、甚大な被害をもたらす大地震の危険性が指摘されています。いつ、どこで発生するか予測することが困難な地震に備え、対策を講じておくことが大切です。

 平成7年に発生した阪神・淡路大震災で倒壊した木造住宅の多くは昭和56年以前に建築されたものでした。

 村では、地震による人的・経済的な被害の軽減を目的に、耐震性が不足している木造住宅等の耐震診断、耐震改修設計、改修工事、除却工事費用の一部を補助しています。

 要件がありますので、希望する人は、事前に相談してください。

 次に紹介する方法は、専門的な知識がなくても比較的簡単に診断できる方法です。ぜひ一度、我が家の地震に対する強さを診断してみてください。

  なお、上記の診断については、日本建築防災協会のホームページからも確認できます。

村では、耐震改修促進計画に定めた目標の達成に向け、住宅の耐震化を推進するために、千早赤阪村住宅耐震化緊急促進アクションプログラムを策定しました。

この記事に関するお問い合わせ先

まちづくり推進課 都市計画
〒585-8501 大阪府南河内郡千早赤阪村大字水分180番地

電話番号:0721-26-7280(直通)
ファックス:0721-72-1880

メールフォームによるお問い合わせ